本田工業

風洞システム

建築・建材用風洞は、台風時等風による力を測定し、カーテンウォール、サッ シ、ガラス等の建材や構造体に及ぼす影響等の評価設備です。 境界層風洞は、風路内にビル街、構造物等の模型を設置することにより、周辺 に与える風の影響等をシミュレーションするために欠かせないツールです。 また、標準風洞(エッフェル型・ゲッチンゲン型)は、大学研究室や各種研究機 関で、流体力学実習や研究用に数多く活用されている風洞システムです。 本田工業は、風洞単体からトラバース及び計測まで含めて、風洞シ ステムとしてご提供させていただきます。


汎用風洞システム

エッフェル型

送風機で昇圧した風を整流胴・絞りノズルを用いて大気に放出する最もシンプルな方法です。比較的低風速でよい場合に使用します。製作コストが安いので一般の実験などで広く用いられています。

仕様(標準風洞システム/エッフェル型)

ゲッチンゲン型

絞り口より吐出した風のエネルギーを動圧分として回収し、送風機効率を良くする方法です。主として高風速・大口径の風洞に用いられています。

仕様(標準風洞システム/ゲッチンゲン型)