本田工業

ガス器具風洞システム

JIS S 2093「家庭用ガス燃焼機器の試験方法」に規定された、有風状態の燃焼状態試験が可能な様に特化した風洞システムです。 右写真の左手前の白い胴体はRF機器用の風洞装置、下写真の奥の宙に浮いている白い胴体はBF機器用の風洞装置です。 JIS規定により、RF機器用の有風試験は水平方向の風のみ必要である一方で、BF機器用の有風試験は様々な方向の風が必要であり、本装置はJIS規格に忠実な試験を行うことができます。 風洞装置と、鉛直軸回転・上昇下降・前後進の各種動作が可能なターンテーブルを組合わせた、本田工業オリジナルのガス器具用風洞システムです。

特長

1) ガス器具を取付ける試験台の各種寸法、試験台と風洞(送風)装置の位置関係、風洞(送風)装置のJIS規定位置における風速分布などは、全てJIS規定を満足します。
2) 最大風速については、JIS規定よりも厳しい、より高速の風洞装置をご提供させて頂くことが可能です。様々な方向の送風が必要なBF機器用の風洞装置についても、最大30m/sが可能です。

仕様(日本ガス機器検査協会様への納品仕様)

※1:上表については日本ガス機器検査協会様へ納品した代表的な仕様です。その他の仕様についても、ご要求に合わせて提供させて頂きます。