お問い合わせ...  Tel.06-6265-5501 Fax.06-6265-5504メールフォームはこちら
TOP分野別試験装置>風洞システム/風洞用トラバース

風が吹き抜ける。風が舞う。風が逆流する。あらゆる「かぜ」を再現する。 HONDA DYNAMICSが、ご提供する風洞システム

風洞用トラバース

実車風洞用トラバース

概要

実車を用いた風洞試験において、車体周りの風の流れや走行時の風切り音測定用センサーを任意位置へトラバースすることが出来ます。指示フレームは極力風に影響を与えない形状としており、高風速においても正確な位置決めが可能です。


(御案内)
弊社は各種試験装置の設計・製造を行っておりますが
社内に試験設備を保有致しておりません。
この為、受託試験はお受け出来ません。
御理解の程、お願い申し上げます。

特長
@ 運転操作はティーチング・プレイバックで自動化できます。
A 風路内フレームは流線型とし、材質は高張力アルミ合金を採用。また、構造は有限要素法を取り入れた設計で風による振動を極力抑えています。
B スムーズな加減速制御によりセンサーに衝撃を与えること無く短時間で次のポイントへ移動することが可能です。
C 先端部は風速センサーやマイクロホンなど試験目的に合わせての取替え式を採用しています。
風洞用トラバース/実車風洞用トラバース
仕様
駆動軸 メイン4軸、先端部ユニット2軸
メイントラバース X軸16m、Y軸9m、Z軸2.7m、Z1軸±160deg
先端部ユニット X1軸±160deg、Y1軸±25deg
トラバース速度(Max)

X軸、Y軸300mm/s、Z軸100mm/s

停止位置決め精度 ±2mm
耐風速 200km/h(56m/s)
使用温度範囲 20〜50℃
オプション対応 トラバース距離、軸数はご要望に応じます。
先端部ユニット仕様
制御ソフトウェア

風洞用トラバース装置

風路A型 トラバース
脈動風試験用

風路内の流れる方向レール(X)に上下動(Z)用の駆動ユニットを取り付ける。流れと直角方向(Y)の移動は、風洞天井に空けたスリットを通して風洞外より行います。

【特長】
@ 大・小口径の風洞でも、トラバース装置は流れに対し投影面積が小さく、風への影響が少なく精度の高い実験が可能。
A 風の流れに対する計測範囲は、走行レールを延ばすことにより、長い距離の測定も可能。
B 高風速風洞にも取付可能。
C 軽量で堅牢な構造なので、高精度で振れが少ない。
D 風洞断面が大きくても取付けが可能。
風路B型 トラバース
脈動風試験用

測定胴内の両側壁面間にトラバース駆動装置を設置、風の流れに直角方向(X)に長い距離を走行。

【特長】
@ 長い測定胴の計測に最適。
A 堅牢な構造なので高い精度が可能。
B 低風速、中型の風洞に最適。
C 構造が比較的簡単なため保守な等は容易である。
天井可動型 トラバース
脈動風試験用

トラバース装置全体を風洞測定胴天井の外側に設置。風の流れに直角方向(Y)の移動は天井を動かす方式。

【特長】
@ 風に対する抵抗が最も小さい。
A 小型・中型の風洞に最適。
B 測定中の試験体の観察が容易である。
自立型 トラバース
脈動風試験用

装置は基礎より自立支持台に組込み。機構部は風路外に設置されており、風の影響が少なく、構造上丈夫で精度の高い停止精度。既設風洞にも取付可能。

【特長】
@ 高風速風洞に最適。
A 高風速でも精度の良い停止精度。
B 風路内支持部は翼型で、高風速でも風への影響が少ない。